ハウスクリーニング業者の掃除テクニック

前にいた職場には、ハウスクリーニングが月に一度来て、隅々まで掃除してくれていました。

ハウスクリーニング業者の掃除テクニック

前にいた職場には/35歳男性

ハウスクリーニング業者の掃除テクニック
前にいた職場には、ハウスクリーニングが月に一度来て、隅々まで掃除してくれていました。
その手際に、ついつい見入ってしまう事もあるのです。
私が見たハウスクリーニング業者の細かくて凄いと思ったテクニックベスト3です。

まずは3位。来社時、当然机や棚などを動かすのは、我々ではなく業者するのです。
だから、動かされて困る様なものを置かないように下準備をしておきます。何が、テクニックだと思ったのか。それは、まず動かす前の状態を携帯カメラで洩らすことなく撮って、最後に必ず基の状態に戻す事です。
当然のように聞こえますが、以前来ていた業者は、カメラで撮るも、戻す時見ながら、おおざっぱに合っているだろう的な位置に戻し、実際は40%も基に戻っていない事が多々あったからです。

次に第2位、床掃除です。
普通はブラシの付いた機械と洗剤で、一気に磨きをしていくのですが、まずスクリッパー(カッターの様なもの)を手に取り、こびりついている埃や、前回のワックスのムラを丁寧に削っているのです。
これには驚きました。

最後、第1位は、ワックスの掛ける順序です。
いくら掃除の時間だからと言って、一切部屋に入れなくなる事がありました。

しかし、そこの業者は、まずは今日の会社の予定を把握して、もしかしたらここを通らないとけなくなる、このデスクを使わなければならなくなる等を把握した上で、それに差し支えのない順序でワックスをかけてくれる事です。
これは凄いと思いました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ハウスクリーニング業者の掃除テクニック.All rights reserved.