ハウスクリーニング業者の掃除テクニック

掃除が大好きだという友人がいて、一時期ハウスクリーニングのスタッフとして、アルバイトをしていました。

ハウスクリーニング業者の掃除テクニック

掃除が大好きだという友人がいて/38歳女性

ハウスクリーニング業者の掃除テクニック
掃除が大好きだという友人がいて、一時期ハウスクリーニングのスタッフとして、アルバイトをしていました。
自分の家だけを掃除しているのとは違って、体力面など大変なことが多く、一年程して辞めてしまいましたが、プロの掃除のコツはしっかり学べて有意義だったと言っていました。

一つのコツとして、乾拭きを活用して掃除をしたほうが良いと言っていました。
いきなり水拭きをしたり、洗剤をかけてしまう人が結構いるのですが、意外に乾拭きだけで落ちる汚れは多く、またその方がきれいになるそうです。
例えば、お風呂とかキッチンの蛇口、トイレの手洗いの部分など、乾拭きで磨いたほうがピカピカになるとのことです。
私もいらない服などを小さく切って溜めておいて、気が向いた時に蛇口などをささっと磨いていますが、確かにこの方が水の跡などが付かなくて、きれいになります。
散らかっている家にほぼ共通するのは、いらないものであふれているという点だそうです。
普段から不要なものは買わない、家の中の不要なものはコマメに捨てるのが、掃除を楽にするコツだとも言っていました。

私がハウスクリーニングを頼んだ時に感じたのは / 24歳 女性

私がハウスクリーニングを頼んだ時に感じたのは、この人たちはプロだということです。

ハウスクリーニングの業者さんは、そもそも私たちが使っている洗剤からして違うものを使っているのです。
高機能な洗剤をぱぱっと大量に使いますし、いくつもあるブラシや磨き布みたいなのを使い分けて、ピカピカにしてくれるのです。

頼んだのはキッチンクリーニングで、コンロ周りが特に汚れが凄かったです。
やって来た人たちは、まずは目張りなどをして水が回りに飛び散らないようにし、なんだか難しい英語で書かれている洗剤を塗って、さっさと掃除をしてくれました。

たぶん、私はその洗剤に秘密があるのだろうと思っています。だって、家の洗剤では全く落ちなかった汚れが、その洗剤とブラシで磨くだけでピカピカになったのです。
汚れをふき取るクロスが、すぐに真っ黒になったのも忘れません。
あの洗剤が欲しいすごく欲しいので、インターネットで探してみようと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2016ハウスクリーニング業者の掃除テクニック.All rights reserved.